HOME > INDEX > DIARY > 2015年の日本での再会と出会い。からの新年ご挨拶。

2015年の日本での再会と出会い。からの新年ご挨拶。

みなさんこんにちは、新年の切り出しはどんな感じになってますか?

私は、サーカスのパフォーマンスが大晦日も元旦もがっつりありました。そして、私が住んでる車両が修理が必要という事で急遽ホテル滞在になった大晦日。ホテルで静かに新年を迎えました。アリーナではパーティーがあったみたいだけどホテルは遠いし翌日も公演だし、二回公演だったしで疲れて大人しくホテルに直帰して近くのレストランで同じ車両にお住まいのクラウン仲間とご飯食べました。そんないつも通りの穏やか?な年越しでした。

アメーバブログなどにいまいち参加しそびれ、自身のWebサイトの日記欄に地味に日記を続けているわたくしですが今年もこちらの日記もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今更?って感じで昨年三回日本に帰れた奇跡をマイペースに綴っていこうかなと思います。

まず五月に日本に帰国した時、サーカスや大道芸の方々にお会いできる機会が与えられました。日本にいる時は全くサーカスの事クラウンの事全くわからなかったし知らなかったですから。この前の五月が日本人(関東中心)のサーカスや大道芸な方々にあったのが実際初めてになりました。

そんなサーカスの会合の場所が、

北区は王子にある古書カフェ「くしゃまんべ」やべー、北区行ったの初めてです(汗)。

小さいスペースなんですが、とでも良い空間のカフェで、古書もずらりと。サーカスやら他のパフォーミングアーツな本もずらり。そんな中こんな雑誌を見つけてしまいましたよ。

じゃじゃーん!!2009年に出たものらしいのですがそれは20年前の1989年に行われたクラウンカレッジジャバンの様子が書かれたものでした。500円で売ってたもんだから買いましたよ。

そして、この方と対談。

日本でクラウンや大道芸人として活躍されている関しげみさん。この方、クラウンカレッジジャパンでアシスタントをされていてその為に、アメリカで行われている本場のリングリングのクラウンカレッジに参加されたとか。懐かしの1980年代のサーカスの様子と今の様子のサーカスの話や、時代を超えてもまだある共通のリングリングのサーカスのネタに話が盛り上がりました。彼女が唯一スラップスティックなどを教えているみたいで彼女がワークショップを開くと日本中から生徒さんが来るのだとか。現役中の私に是非本場アメリカのスラップスティックを是非教えてやって!と言われました(笑)。今の日本のクラウンの様子などいろいろ話を聞きました。国が違えば様子は違う?どこのクラウンが一番とかないので。ただ、いろんな国のクラウンの特徴を知るのはいいかもしれませんね。スラップスティックは万国共通にわかるものだと思うのでこの面白さを日本にも広めたいですね。逆にアメリカにいる私としては日本人にしか出来ないものを全面にだしてアメリカの方々と上手くコラボって行けたらいいんだろうなーって思います。

このカフェの経営者(写真の帽子かぶって眼鏡かけてるお二人)もまたパフォーマーでして、おじゅるまるという個性的なパフォーマー集団3人組でございます。ヨーロッパでも注目されてる面白い出で立ちの3人組です。しげみさんはBooly Oooly Companyと二人組で活動しています。いろんな企画イベント、大道芸フェスティバルなどにひっぱりだこのカンパニーです。またこの会合を仕込んでくれたのが、フェイスペインターで活躍のミホウさん(写真の緑のTシャツ着てる人)でした。彼女はアメリカのフェイスペイント大会で優勝した方です。そんな一回のしてすごい方々に出会えたのでした。

前回二回の日本帰国は人に会ってばっかで全く日本の舞台を観劇する機会を失っていました。そして自分の用意不足もあって観たい舞台のチケットは日本に着いてからでは全然チケット取れるわけはなく。ご存知の通り前売りでほぼチケットはハケ、その前売りは舞台初日の2ヶ月前くらいに発売開始なので。。。

が、しかし、前回の帰国では奇跡的に3回も舞台を観劇。そして、ニューヨークではタイミング合わなくていつも観られなかったとある方のキャバレーショーがたまたま日本で!!そして、友達的な舞台の先輩の方の初ワンマンライブも見に行けました。そして、ニューヨークで出会った写真家の友達(彼女は既に日本に本帰国)の写真展に行き久々の再会でした。

と、まあ、いろいろ観に行ける事ができました。

一つ目は、森山未来のダンスで綴る話?ダンスパフォーマンスを観に行きました。場所は天王洲アイルの銀河劇場。

荒木飛呂彦さんの作品「死刑執行中脱獄進行中」をダンスで綴るという。パフォーミングアーツな舞台を長谷川寧さん演出で。ダンスうまいの知ってたけど今回のように体で伝えるような動きの、なんだろうコンテ?とにかく身体全体フルに使ったダンスは素晴らしく上手すぎです!!友達に誘われて観に行ったものなのでラッキーラッキー!観に行けて良かったなり。

二個目は。クラウンをやり始めてから狂言に興味があり(って特に勉強し始めたわけでなくて。。。学んだのは大学の授業のみ)、観に行こうと思っていた矢先、自分で調べてチケットをと思っていたら、阿部知代さんから狂言のお誘いが。阿部知代さんは古典芸能が好きで有名な方、お勧めやら情報を聞こうとしてたら「誘われた」(笑)!! そして観に行ったのが「逸青会」という勉強会的なもの。でも狂言です!わたしからしたら何が勉強会かわからないくらいでした。でも、今風の狂言を試みた作品が一つありました。久しぶりにみた狂言。うん、コメディー。それは「滑稽さ」を引き出したもの。動きも型があってなんとなくフィジカルコメディーと通づる?とっても興味津々に観劇しました。

写真をパチリ。

「いつかこの子達(逸青会の二人)とマリコが共演して欲しいわー」と阿部知代さんに言われました。それもありかも知れないな。かなりなコラボですよ!ワクワク。

そしてお次はこれ!

観に行きたいぞーこのメンツ!シスカンパニーだよ!やっぱりキャスティングが素敵です。これもなんとギリギリで奇跡が起こりました。チケットゲットできたんです。わーい!

Goole Imageより。

めちゃめちゃコメディーでした。コントです。いやー明るかった芝居?いや、もうコメディーコメディーでした。いいなぁ、こんな舞台めっちゃ楽しそうだもん。個性あふれる方々だから出来る事なのかもしれないけど。池谷のぶえさんが家政婦で登場した瞬間の凄さ。何もしゃべる前、出てきただけで「家政婦」感が出せるって凄いと思った。役者が何役もやってた。とにかく面白かった。観に行けて大満足でした。

そして、たまたま日本公演をやっていたトシカプチーノさんのキャバレーショーを観に行きました。

 

自分で全て構成を考え、作演出出演を全部一人でやる。エネルギー、ソウルフルなものでした。

そして、運良く舞台の先輩で友達的なこの方、女優のシルビアグラブさんの初ワンマンショー!!

を両親と最近シルビアさんの舞台を観てファンになった中学の同期と行ってきました。シルビアさんは歌が凄すぎます。その上トークも面白く。また是非二回目、3回目と定期的にやっていただきたいです。ワンマンショー、うーん。。。私がやるにはまだまだ技術と知名度が必要だなと現実的に考えてしまったりした。

して、写真展。

ニューヨークでは楽しい写真撮影を彼女と良くしました。

Nishi Shioriちゃんは写真のセンスもだけど話も面白い。なので撮影してる時も楽しいのです。撮影する側とされる側の息も合っての作品だからそのポイントって結構重要だよね。

そして、まだあります(笑)

以前日本で演劇ユニット「ももいろぞうさん」で 活動してた時の主催兼作、演出をしてた子がパフォーマーに転身。いまでもももぞうはたまに活動しているのですがパフォーマンス集団に重きを置いてます。

彼女自身は大道芸人としていまは忙しく活動をしています。今回、そんな彼女のパフォーマンスを観に行ける機会がありました。めっちゃ運がいいし!

ポールでパフォーマンスが彼女のジャンル。ポールダンスって言うのかな?とにかくこのポールの技が凄かったわ。びっくりした。

大道芸人は小道具も自分で用意し持ち運びも全部自分でやるんですね。

彼女の専用の特注のトランク。メイク道具とかが入っているんでしょう。名前入り!

お客さんを集めて?見る環境を整えるのも大道芸人のお仕事のひとつ。その空間全部がパフォーマーのものだからねー。

大道芸人のベテラン日本で知らない人はいない「サンキュー手塚」さんと姫を挟んでの写真。パチリ!

アメリカから一時帰国していたこの方々にも会いましたよ!

アメリカのテレビ番組で日本人初の番組司会をした俳優でコメディアンでもある、エンターテイナー仲間の神田龍夢(ろむ)さん。と、アメリカの人気ドラマ「Heros Reborn」でメインキャストに大抜擢された女優でこれまたお友達の助真キキさん。この二人に六本木まで駆けつけてもらい久々の再会。お二人はロサンゼルスが拠点。私はアメリカ中旅してるので中々会えない。お友達になったきっかけは私のサーカスのロサンゼルス公演を観に来てくれたところから。

このポーズは彼らお気に入りのサーカスの演目のキメのひとつ。さぁ、どの演目からでしょう?

とても楽しい再会になりました。お互い頑張って行きましょう。

またロムさんは、アメリカで活躍してる日本人を応援しようとWebサイトを立ち上げ始めています。まだちょっとですがこれからたくさんの方々をこのサイトに載せていきたいと言ってました。私もこのサイトにいます。まだ正式に公開はされてないみたいです。

が、少し出来上がってるみたいなんで。サイト名はJAPAN STARです。

そして、極め付け(?)は、親子でパフォーマンス!!

お父さんが参加してるひとつの(いくつものジャズな会に参加してるうちのパパさん)ジャズの会のクリスマス会にて娘お披露目でした・笑。” I’ll home for Christman”って曲をパパさんが歌とサックス、私はポケットトランペットで演奏という感じで。あと「そりすべり」をパパさんが歌私がタップでと2曲も親子共演しました。

お父さん一人パフォーマンス。

三回目の今回の日本もまた新たな出会いや再会がありました。忙しくしないようにゆっくりとした三週間にと思っていたけど結果忙しくなった三週間滞在でございました。どれもこれも刺激的な新たな出会いや嬉しい再会が日本で三回もできた昨年2015年。いろいろ考えるきっかけが出来た再会や出会いもありました。なんか、人とのつながりで人生は作られてるのかと100%思えるくらい。今年はどんな事が起こるかなぁ??

ではみなさん今年もどうぞ宜しくお願いします!!

LINEで送る

2016/01/12 DIARY  
HOME > INDEX > DIARY > 2015年の日本での再会と出会い。からの新年ご挨拶。

 

掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。